Top > わきがの治療方の種類

わきがの治療方の種類

わきがの治療方法は、臭いを軽減させるデオドラント製品などを使った対症療法や外科的手術の根治療法などいろいろとあります。
デオドラントスプレーを使用したり、肉類をあまり摂らないようにする食事療法などには臭いを軽減する作用はありますが、わきがを元から治すことはできません。
わきが治療の中には、ボトックスというものを注入して、エクリン腺からの汗を一時的に止める治療法もあり、これは軽度のわきが、多汗症を合併しているわきがには効果的なものです。
その他、脇の下を大きく切開して行なう外科手術とは違い、脇の下を1cm程度切開して、その小さい穴からマイクロシェービングコンソーラーを差込みアポクリン腺を粉砕して除去するわきが治療もあります。
この方法でわきが治療を行なうと、患者さんの体の負担も少なくてすみ、すぐに日常生活に戻ることができるというメリットがあります。
わきがの治療にはこのようにさまざまな方法があり、症状の強さや他の病気と合併しているかどうかなどにより選択される治療法が違います。
自分のわきがの症状に最もマッチした治療法を見つけるために、治療を始める際には医師としっかり話し合い、納得して治療を受けるようにしましょう。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがの治療方の種類(2009年6月 5日)
超音波法によるわきが治療(2009年6月 5日)
ボトックスでわきがの治療(2009年6月 5日)
吸引法によるわきが治療(2009年6月 5日)
わきがに有効な食事療法(2009年6月 5日)