Top > 吸引法によるわきが治療

吸引法によるわきが治療

わきがの治療法には、美容外科で使われている脂肪吸引の技術を応用した吸引法というものがあります。
これは、脇の下を小さく切開してそこからカニューレという細い管を入れてわきがの原因となる汗腺類を吸いだすという方法です。
吸引法によるわきが治療は、入院する必要もなく日帰りで行える手術であること、傷跡も小さく残りにくいというメリットがあるため、治療法として取り入れている病院も多くあります。
しかし、吸引法によるわきが治療にはデメリットの部分もあります。
一番のデメリットとしては、細いカニューレを差し込んでわきがの原因となる汗腺類を取り除く際に、繊維組織にしっかりと根付いてしまったものは完全に取り除くことができず残ってしまうことです。
汗腺がしっかり取りきれないということは、わきがの症状が残るということになります。そのため、吸引法は他のわきが治療の手術に比べて手術をしたのにわきがの臭いが残っているというクレームの多い手術のようです。
吸引法は強いわきがの人には向かない手術法だとも言われています。自分のわきがの症状によって向き不向きの治療法もあるため、医師の説明をしっかりと聞いた上で、わきがの手術法を決める方がいいでしょう。

 

 アービトラージ  在宅バイト  派遣社員  ガーデニング
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
わきがの治療方の種類(2009年6月 5日)
超音波法によるわきが治療(2009年6月 5日)
ボトックスでわきがの治療(2009年6月 5日)
吸引法によるわきが治療(2009年6月 5日)
わきがに有効な食事療法(2009年6月 5日)